DX戦略

企業活動におけるデジタル技術

在宅ワークに対する労働者の期待が高まる中、法律に遵守した労働環境を安定的に提供し続けるためには人事労務に関わるシステムの改善は必須であると考えられます。さらに、在宅ワークをはじめとする新しい働き方を提供していくことが、今後の企業活動として社会から求められていることだと認識をしております。

イントロダクションでは、設立時より人事労務システムの内製化を進めており、2023年には健康優良法人にも選ばれ、自社システムの重要度は年々高まっています。

DX推進と経営戦略

2025年には「事業承継問題」、「人材不足」といった問題が企業へ深刻な影響をもたらすと言われています。紙ベースで人事労務を行っていれば事業承継時の手間が増えるかもしれませんし、人材不足による過重労働や生産性の低下が発生する可能性も考えられます。
弊社が人事労務システムの内製化において培ってきたスキルやパッケージソフトを用いれば、そういった問題を解決することに貢献できると自負しております。

また、ローコード・ノーコード開発の市場規模も年々拡大しており、誰もがシステムを構築できる時代が来ることは、そう遠くない未来のことであるとさえ考えられます。そのため、弊社ではRPAやAIに限らず、intra-martやSalesforceといったプラットフォームでのエンジニア育成にも注力し、企業価値の向上を目指す方針を確立しています。

今後は、育成したエンジニアによってAIを取り入れた人事労務システムを開発できれば、社内システムの利便性が上がるだけでなく、提供する製品に新たな価値をもたらすこともできると期待しています。

2つの業務モデル

人事労務システムの導入支援

弊社の人事労務システムは、勤怠管理から給与計算に至るまでの情報を一元管理し、多面的に活用できるように設計されています。
今後は、健康診断の結果や人事評価などの情報も対象としてAIで分析することで、企業の競争力を向上させると同時に、従業員の作業効率を向上させるシステムへとアップグレードしていきます。
この基盤を活かし、各クライアント企業に最適化したシステムをご提案することで、人事労務システムに集約された情報を様々な角度から自動分析し、経営に役立つ貴重な情報を提供することで、DXの推進を強く後押しします。

業務自動化コンサルティング

IT技術を駆使した既存業務の自動化に際して、業務の分析や効率化に関するコンサルティングはもちろんのこと、VBAやRPAを活用したツールの操作方法や作成方法に関しても、従業員の皆様への支援を行い、DX推進に貢献してまいります。
これまで以上に社内外への支援体制を充実させられるよう、ローコード・ノーコード人材の育成に力を注ぎ、毎年1名のOJT枠を設けるとともに、自動化ツールの資格取得を促進し、毎年少なくとも1名が合格するよう目標を設定しています。

達成度の指標

次の3点について、目標を達成できているか毎年評価を行います。
・1名以上のOJT枠を設けることができていること
・自動化ツールの資格取得を促進し、1名以上の合格者がいること
・自社システムのDX化に対して、これらの従業員が参画している割合

半期ごとに中間評価を実施し、結果を基にDX推進委員会にて次期戦略の見直しや推進状況の管理も行います。

DX戦略の推進体制

イントロダクションではDX推進委員会を設置し、執行役員会と連携を取り、代表取締による意思決定に基づき、全社を挙げてDX推進体制の強化を図ります。

DX戦略を加速させるために、ローコード・ノーコードの専門人材を育成するために、毎年1名のOJT枠を設けるだけでなく、自動化ツールの資格取得を促進し、毎年少なくとも1名が合格することを目指し、試験の受験に必要な教材や、資格取得時の奨励金に充てる予算も確保しています。

自動化ツールの資格取得推進
・UiPath RPA アソシエイト資格試験RPA技術者検定
・BizRobo!検定
・Automation Anywhere Certified
・VBAエキスパート スタンダードクラウン

DX人材育成
・+DX認定
・DX検定

DX戦略策定にあたって

この度、弊社はDX戦略を策定し、日本のDXに貢献してゆくことを明確に致しました。
これまで弊社はSES業務を主な柱として成長してきました。さらなる飛躍のため積極的に新しい分野に進出して行こうという思いを込めて、DX戦略を発表いたします。

今回のDX戦略の大きな柱として、人事労務システムの導入支援事業と業務自動化コンサルティング事業の立ち上げを掲げました。在宅ワークをはじめとする新しい働き方を労働者が求めている時代に法律に遵守した労働環境を安定的に提供し続けるためには人事労務に関わるシステムの改善は必須であると考えております。
各企業様のDX戦略においても働く人々を単純作業から解放し、より生産性の高い働き方へと昇華させることは可及のミッションであり、人事労務システムの導入支援事業及び業務自動化コンサルティング事業により、労働者の働き方や暮らしをより快適にすることができると信じております。

近年、IT業界を越えて生成AIへの認知が一般化しつつあると感じています。私たちの会社でも、生成AIの導入に始まり、AI人材の育成に力を入れています。
今後は、新しいサービスを創出することが重要だと考えており、AIを取り入れた人事労務システムを開発できれば、製品に新たな価値をもたらすことができるでしょう。
さらに、RPAとAIの組み合わせにより、これまで自動化が困難だったあいまいな作業も自動化の対象となる可能性があります。
ローコード・ノーコード開発の市場規模も年々拡大しており、誰もがシステムを構築できる時代が来ることは、そう遠くない未来のことであるとさえ考えられます。そのため、弊社ではRPAやAIに限らず、intra-martやSalesforceといったプラットフォームでのエンジニア育成にも注力し、企業価値の向上を目指す方針を確立しました。

最後に、現在のDX戦略の推進状況についてもご報告いたします。昨年より、DX推進委員会を設立し、人事労務システムの導入支援と業務自動化コンサルティングの事業を開始しました。2028年までには、これらの業務における年間売上の割合を30%以上に引き上げることを目標に掲げ、毎年中間評価を実施しています。
さらに、中長期戦略として、ローコード・ノーコード人材の育成にも力を注ぎ、毎年1名のOJT枠を設けるとともに、自動化ツールの資格取得を促進し、毎年少なくとも1名が合格することを目指していきます。
引き続き、中間評価の結果を基にDX推進委員会にて次期戦略の見直しや推進状況を管理を行います。

今後のDX戦略の推進状況につきましては、逐次報告致します。

2024年 1月 1日
株式会社イントロダクション
代表取締役 髙橋勇也
問い合わせ先 DX推進委員会(03-6709-6869)