健康経営戦略

イントロダクション健康経営宣言

イントロダクションは「日本で一番ホワイトな会社」という指針を掲げる企業として、従業員が積極的に健康づくりを行い、一人ひとりが明るくいきいきと働ける環境や機会をつくっています。

従来実施している安全衛生活動(定期健診・ストレスチェック・過重労働防止対策など)に加えて「従業員のその先にいる大切な家族」にも健やかな生活を送っていただけるよう、一歩踏み込んだ活動を展開していきます。

2021年に従業員に向けて「健康宣言」を発信し、健康管理と予防についての研修を行うなどの活動を行っており、2023年には「健康経営優良法人」の認定を受けました。

これまでの取り組みにより、平均残業時間の低減や健康に対する従業員の意識改革が進んでいます。

今後も健康づくり委員会を中心に健康の維持・向上に取り組んでいくことを宣言します。

株式会社イントロダクション
代表取締役 髙橋勇也

基本方針

従業員の健康意識が高く、健全な健康習慣を自発的に身につけようとする行動は、健康の維持・増進とともに仕事のやりがいに満ち溢れた企業人としての自己成長・人生の充実につながる。
そして、それは企業の生産性と創造性の向上につながり、持続的な成長を通じて社会全体に貢献することになるため、特に以下を重点項目とする。

  • パソコン業務を行う社員が多く、運動不足が発生しがちであるため、その改善を進める
  • 従業員の健康意識の醸成を図るため食事に関する健康情報の提供を継続的に行う
  • 受動喫煙の防止と禁煙の促進を目的として、屋内禁煙を実施するとともに、喫煙者の健康に配慮して禁煙支援を行う
  • メンタル不調の未然防止に向けたメンタルヘルス対策を推進する
  • 疾病を早期に発見し安心して治療を受けられるように体制を整える

健康経営優良法人2023

2023年3月に経済産業省および日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」において、特に優良な健康経営を実践している企業として、「健康経営優良法人2023:中小企業部門」の認定を取得しました。

「健康企業宣言」と「健康優良企業認定制度」

2021年8月31日に全国健康保険協会(協会けんぽ)東京支部と協力して健康企業宣言を行い、その活動を推進したことが評価され、2022年4月20日に「健康優良企業」認定を取得しました。

2023年9月20日には健康優良企業「金の認定」を取得し、現在も毎年継続して本認定を受け続けています。

スマート・ライフ・プロジェクト

「健康寿命をのばそう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動に参加しています。
更なる健康寿命の延伸を目指し、プロジェクトに参画する企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進していきます。